スポーツトレーナー

パーソナルトレーニング 第2弾短期モニター募集開始!!定員15名

梅田ビバリーパーソナルトレーニングスタジオ

 

毎日暑い日が続きますが、暑くなるとおなか、二の腕、脚の露出が増えてきますよね。

 

梅雨も明け、夏シーズン真っ盛りですが、そんな露出に自信のないあなたに朗報(^^)

 

第2弾ダイエットモニター募集決定!!

 

 

 

第1弾では2~3か月という長いスパンでダイエット計画を立てましたが、今回は短期でどれだけ理想のボディに近づけるか?という企画です。

 

 

第1回モニターさんでは90%の方が体重、体脂肪減少がみられています。

 

痩せない理由それは何か・・・

 

 

食事です。

 

 

わかっていると思いきや改善しきれていないのが現状です。

 

 

そして、一番の問題リバウンドする理由は・・・

 

 

ストレスです。

 

 

ダイエット中、過度な食事制限でストレスをかけることにより、終了とともに解放され食べ過ぎてしまう。

 

 

これでは元も子もありません。

 

 

ダイエットプログラムがひと段落しても継続して食事が変わっていればいいことですよね(^^)

 

 

ビバリー式ダイエットはリバウンドしない体つくりを目指します(^^)

 

 

それでは詳細です!!

 

 

安藤メソッドダイエット 1ヶ月モニター募集!!

 

先着15名様のお得な情報!

 

 

期間

 

約1ヶ月 8回 

料金 72,000円+税!!!

 

通常

入会金 30,000円

1ヶ月4回  48,000円

1ヶ月8回  88,000円

2か月16回  160,000円

 

 

 

今なら、当院指定プロテイン1ヶ月分を無料でプレゼント 先着15名様!

 

 

条件

  • 週2回来れる
  • ある程度の食事改善に協力できる
  • 泣き言を言わない

以上

 

 

注意点

 

やむを得ない状況を除き8回のトレーニングは60日以内に使い切ってください。

60日を過ぎると無効となります。

モニター様ですので、顔以外の写真撮影、体重、体脂肪、ウエストの計測、を行い公表させていただきます。

 

 

 

以上になります(^^)

 

 

理想のボディを目指しましょう!!

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メディア情報

 

ゴルフ雑誌に掲載して頂きました!


 

スポーツ報知に掲載して頂きました!

 

スポニチさんに掲載して頂きました!

 

 

※施術希望が重なる事が多いので、早期のご連絡・予約をお薦めします。

※施術中、パーソナルセッション中にて、電話をお取りできないこともありますのでご了承ください。

可能であればメールでご連絡を頂けるとありがたいです。

 

 

 

 

 

 

 

0667554468

 

今年もそのおなかとせなかで夏を迎えるんですか??モニターさん追加募集!

その背中、おなかを直視しましょう。

 

昔、履いていたズボンを、「もしかしたらまた履けるようになるかも」と捨てられないでいる。

 

子供に、「おかあさん背中にも、おっ〇いがついてる!」と言われた。

 

ベルトの穴を意地でも緩めようとせず、ズボンに贅肉が乗っている。

 

などなど

 

あなたは今、悲しい現実を目の当たりにして失望しています。

 

これを解決するには・・・

 

そうなんです、行動しないとダメなんです。

 

 

動かないとダメなんです。

 

そのうち取り返しのつかないことになってしまいます。

 

あの、若かりし以前の体に戻りたいのに戻れないと嘆く前に、行動しましょう。

 

ビバリーパーソナルトレーニングは、あなたをリバウンドさせず理想の体型にさせてみせます。

さぁ、そろそろトレーニングを本気で始めてみませんか?

 

 

 

トレーニング仲間募集💪💪💪

 

 

ビバリーパーソナルトレーニング

 

 

夏までに美ボディ目指しましょう😉

 

 

本気で体を変えたい方😎

 

 

約2ヶ月で細マッチョになりたい!きれいな体になりたい!ダイエットモニター募集してます😎

 

 

2ヶ月間週2回通える方(最低でも週1回)💪

 

 

2ヶ月間ある程度の食事制限ができる方💪

 

 

夏に薄着が似合う体型になりたい方💪

 

 

男性女性年齢問わず💪

 

 

きつめのトレーニングに耐えられる方💪

 

 

目標は「リバウンドをしない体づくり」!

 

 

管理栄養士指導の下、食事コントロールをしてからだに見合ったパーソナルトレーニングメニューを組みます。

 

 

リバウンドの原因はほとんどが、過度な食事制限によるストレスです。

 

 

回数は20回で、週2回通えない方は、1回のトレーニング時間を長めに設定します。

 

 

料金、通常216,000円

モニター価格 108,000円
先着10名

5/1定員締め切り

 

5/2モニターさん追加募集決定

もう少しモニター計測が必要なため若干名の追加募集を行います!

 

このチャンスを逃さないように!!

 

 

本気で体づくりをしたい方お待ちしています😎

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メディア情報

 

ゴルフ雑誌に掲載して頂きました!


 

スポーツ報知に掲載して頂きました!

 

スポニチさんに掲載して頂きました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

※施術希望が重なる事が多いので、早期のご連絡・予約をお薦めします。

※施術中、パーソナルセッション中にて、電話をお取りできないこともありますのでご了承ください。

可能であればメールでご連絡を頂けるとありがたいです。

 

 

 

 

 

 

 

0667554468

 

JRAジョッキー水口優也さんが来院してくれました(^^)/

JRAジョッキー水口優也さんが来院してくれました😄🏇

 

小柄な体型ながらしっかりとした筋肉がついていてトップアスリートだと感じました🏋️‍♂️

 

意外にジョッキーも故障が多いことに驚き😅

 

サポートするからには成功させてみせます💪💪

 

 

皆さん水口ジョッキーの応援よろしくお願いします!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メディア情報

 

ゴルフ雑誌に掲載して頂きました!


 

スポーツ報知に掲載して頂きました!

 

スポニチさんに掲載して頂きました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

※施術希望が重なる事が多いので、早期のご連絡・予約をお薦めします。

※施術中、パーソナルセッション中にて、電話をお取りできないこともありますのでご了承ください。

可能であればメールでご連絡を頂けるとありがたいです。

 

 

 

 

 

 

 

0667554468

 

全国高校ゴルフ選手権春季大会へ視察に行ってきました!

3月29日午前中の診療をお休み頂いて、「全国高校ゴルフ春季大会inフジスタジアムゴルフ倶楽部」へ行ってきました!

 

目的は、全国レベルのゴルファーたちのからだの使い方、飛距離、体つき、メンタルなどなどゴルフ選手を見るために必要な情報を仕入れるため。

 

 

梅田ビバリー整体院も、ゴルフ患者さんが増えてきて、トレーニング、整体の要望も高度になってきました。

 

そうなるとやはり正確な情報を、コーチの方たちとも話をして仕入れる必要があります。

 

見学をしての印象を言いますと、まだまだゴルフ界も伸びしろがあるのかなと感じます。

 

トレーニング理論、メンタルトレーニングの導入、リカバリーの仕方、栄養指導などなど・・・

 

実際しっかり行っているチーム、個人はどれだけいるのかなーということを感じました。

 

ゴルファーにはたくさんの応援者がつきますが、いったい正確な情報を伝えているのはどれだけの人がいるのかな?

なんとなく昔の風習でこれがいいからやってみるという所もまだまだある気がします。

 

これだけの支援者がいて世界に活躍するプロがもう少し出てきてもいいのかなというのが率直な意見です。

 

今回の視察で、だいたい鍛えるべき筋肉、必要なトレーニング方法、などが見えました!

 

来てくれているプロ、アマ、ゴルフ愛好家に少しづつフィードバックできればと思います!

   

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メディア情報

 

ゴルフ雑誌に掲載して頂きました!


 

スポーツ報知に掲載して頂きました!

 

スポニチさんに掲載して頂きました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

※施術希望が重なる事が多いので、早期のご連絡・予約をお薦めします。

※施術中、パーソナルセッション中にて、電話をお取りできないこともありますのでご了承ください。

可能であればメールでご連絡を頂けるとありがたいです。

 

 

 

 

 

 

 

0667554468

 

その痛みと飛距離、肩甲骨と股関節が原因?!~実践編~

おかげさまで前回の理論編が好評でした!

 

今回は、その実践編です。

 

 

雑誌に紹介されましたので、写真で紹介いたします。

 

 

大きく分けると、

肩甲骨のウォーミングアップ、筋力トレーニング、ストレッチ

股関節のウォーミングアップ、筋力トレーニング、ストレッチ

 

になります。

 

詳しく説明いたしましょう!↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴルフ界と関わることが増えてきて一番感じること、

 

 

基本的なストレッチ、トレーニングを知らない人が多すぎる。

 

 

アマチュアの方はできるだけ長く健康的にゴルフができるように。

 

 

プロの方、もしくはプロになろうとしている方は競技成績と直結するトレーニング理論、ストレッチ方法を知ることで必ず結果につながります!

 

 

ゴルファーの皆さん頑張りましょう(^^)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メディア情報

 

ゴルフ雑誌に掲載して頂きました!


 

スポーツ報知に掲載して頂きました!

 

スポニチさんに掲載して頂きました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

※施術希望が重なる事が多いので、早期のご連絡・予約をお薦めします。

※施術中、パーソナルセッション中にて、電話をお取りできないこともありますのでご了承ください。

可能であればメールでご連絡を頂けるとありがたいです。

 

 

 

 

 

 

 

0667554468

 

その痛みと飛距離、肩甲骨と股関節が原因?!~理論編~

~ボールを買うよりクラブを買うより肩甲骨と股関節を動かそう~

 

「あのころと比べて飛距離が20Yも落ちた」「腰が痛くてスイングができない」「体がうまく回らない」「安定はしているけどもう少し飛距離がほしい」「150Yがアイアンで届かない」などなど、飛距離や体の痛みに対する声を数多く聞きます。

 

 

 

この問題を解決するためには、肩甲骨と股関節の動きを改善するだけで解決してしまうかも?というのが今回のテーマです。

 

 

ゴルフにとって飛距離を出すということは生涯のテーマです。男ならドライバーでせめて230yなんて言うのもよく聞きますが、問題はクラブでもボールでもなく健康な肩甲骨と、股関節を手に入れることでそんな夢も叶うかもしれません。

 

 

同じ60歳代で体格も大体同じ、スイングスピードも大体同じなのに飛距離は20Y違う。こんな経験ありませんか?これは60歳代だけではなく、アマチュアでも学生でもプロでも同じです。もちろんクラブにヒットしているポイントが違うということもありますが、一番大切なことはスイングの力がボールに伝わっているか?ということです。アドレスからバックスイングでパワーをため、そのパワーを体重移動とともにインパクトの瞬間にボールに伝えることができればフルスイングをしなくても力のある弾道で飛距離がでます。

 

同時にこのスイングがスムーズにできれば腰や肩、ひじに負担がかかることはほとんどありません。

 

 

「よし、あの旗まで届かしてやろう。旗まで220ヤードか。渾身の一撃が出れば届くはず。あそこまで行けば残りピッチングでツーオン、ツーパットでパーだ!よーし・・・」

バックスイングを思いっきり振りかぶり、力みすぎにより切り返しが早くなり、右足体重のまま渾身のスイングをした結果地面を掘り、ボールをかすることしかできず、結果ボールは20Yしか飛ばない・・・。肘と腰を痛め、先を眺めると、残り300Y以上残っている・・・。

ジンジンする肘を抑えながらロングアイアンを握りしめ「先は長いな・・・」とつぶやく。

こんな経験ありませんか?私はよくあります。

 

 

 

本題に戻りましょう。肩甲骨と股関節をうまく動かすことができれば、力むことが減り腰を使ったスムーズなスイングができ、力がしっかりとボールに伝わります。結果的に体に負担がかからず腰や肩などの痛みが出ることもありません。

 

 

ゴルフに限らずスポーツ全般ですが、ケガをしない選手が強いです。

 

 

どれだけ才能があっても、どれだけ恵まれた体形でもケガをしてしまい練習ができず、競技会に出ることができなければ結果はだせません。

 

 

アマチュアの方でいうと、できるだけ長く楽しくゴルフを続けようと思えばケガをしない体づくりがとても重要になってきます。私がみているクライアントさんで、ゴルフをやる方に多いけがは、ダントツで腰痛です。その次に肩甲骨周りの方の痛み。

 

肘、手首、ばね指といったところでしょうか。そして、腰痛の原因は無理なスイング、アドレスの姿勢不良、下半身と上半身の捻転差がほとんどです。これを改善するためにも肩甲骨と股関節の柔軟性、筋力というものがとても大切になってきます。

 

 

 

痛めないスイングとフィニッシュ姿勢

 

飛距離も出て痛みが出ない人のスイングの特徴は「フィニッシュ姿勢がきれい」です。

 

綺麗なフィニッシュというのはまず、腰の捻り切れなければ綺麗なフィニッシュになりません。そして、体重移動がしっかりとできているということも重要です。飛球線方向と反対側の股関節に乗った体重を回旋させながらインパクトに向けて体重移動し、インサイドからクラブが入ってくれば“必ず”きれいなフィニッシュ姿勢になります。

 

過剰な腰の回旋もなく、肩甲骨に負担がかからず腕がムチのようにしなればおのずと飛距離もでます。負担もかからないので痛めることもありません。

 

ポイントは、バックスイングで股関節にパワーをためる筋力と可動域があるのか。

 

バックスイングから体を切り返した際、(右打ちなら)左の肩甲骨がしっかりと動いているか。

 

インパクトの瞬間、その力に負けない筋力が肩甲骨にあるのか。

 

左に体重移動したときバランスをとれる安定した筋力が股関節にあるのか。

 

というところです。

 

綺麗なフィニッシュを取るためには、肩甲骨と股関節可動域の改善、筋力アップ、アフターケアが必須となってきます。

 

 

ウォーミングアップと筋力トレーニングとストレッチ

 

大きく分けると
①ウォーミングアップ

 

②筋力トレーニング

 

③ストレッチ

 

に分かれます。厳密にいえばウォーミングアップもストレッチなのですが、一般的な考えで行きましょう。

 

 

 

 

  • ウォーミングアップ


ご存知の通り、練習や体を動かす前のおこなう準備運動の事です。ポイントは大きく体を動かし、可動域を広げることです。じわーっと筋肉を伸ばすよりも、反動をつけて少しずつ動かしていくことが望ましいです。典型的な例は、ラジオ体操です。リズムに合わせて反動をつけて行う運動の事です。目的は、可動域の広げること、身体を温めケガをしにくい身体にする、ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 筋力トレーニング


これは、練習前にやるのか練習後にやるのか賛否両論ありますが、どちらでも構いません。目的が何なのかさえわかっていれば練習前だろうが練習後だろうが大丈夫です。特別な理由がなければ特に重たいものを持ってトレーニングをする必要はないと考えています。余談ですが、私は器械体操経験者で今でも器械体操に携わっていますが、体操選手の中で重たいものを持ってトレーニングをしている人はほとんどいません。重要なのは体を安定させる体の中心の筋力です。強い柔道選手を押しても引いても動かないのと同じで、重心を低く強く安定させることが第一段階だと思います。そこから、負荷をかけ重たいものを持ちあげるとか引っ張るなんかのトレーニングに移行した方が身体に負担をかけずにいいと思います。

 

 

 

  • ストレッチ


これが、皆さんが知っている広義でのストレッチです。筋肉をじわーっと伸ばしゆっくり息を吐きながら行います。これを「静的ストレッチ」「スタティックストレッチ」といいます。いわゆる整理体操などと言われているものです。運動で使った筋肉をゆっくり伸ばすことで筋肉に溜まってしまった疲労物質を散らします。お風呂の中でやるとより効果的です。目的は、慢性的なケガの予防です。特に腰や、肩回り下半身をしっかりやると良いでしょう。

 

このような運動を用いて、ケガの少ない身体を作り、なおかつ飛距離もアップさせてゴルフライフを楽しみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

※施術希望が重なる事が多いので、早期のご連絡・予約をお薦めします。

※施術中、パーソナルセッション中にて、電話をお取りできないこともありますのでご了承ください。

可能であればメールでご連絡を頂けるとありがたいです。

 

 

 

 

 

 

 

0667554468

 

スポーツ・ゴルフ梅田ビバリー整体院★スポーツトレーナとしてケガを防ぐ大切なことを真面目に書いてみる・・・

活気にあふれる武庫川女子大学体操部の練習風景

 

先日、私が学外コーチ兼トレーナーをさせて頂いている武庫川女子大学体操部の練習にお邪魔してきました。

 

 

久しぶりに体育館に行くと、色々な体操クラブチームが練習に来ていて人数も多く、とても活気に溢れていました。

 

 

この時期はオフシーズンということもあり、練習に熱が入らないチームが多い中、ここにきている選手たちはみんなやる気に満ち溢れていて輝いていました。

 

 

小学校手学年の選手から、大学生まで各々やることを明確にして黙々と楽しそうに練習をしていたことが印象的でした。

 

 

 

 

 

けがのない1年を目指したいが・・・

 

さてさてここからが本題。

 

 

私はトレーナーという立場から、選手を守るという反面、トレーニングを組んで強化をしていくという仕事をおこないます。

 

 

関わっている選手全員が気になるのですが、やはりケガから復帰をしようと頑張っている選手や、痛みを耐えながら練習をしている選手は特に気になってしまいます。

 

 

ケガをしてからでは遅いのですが、ケガをして初めて後悔する選手がほとんどです。

 

 

大事なのは予防なんです!でも痛くならないと気付かないんです!

 

 

どのスポーツもどのレベルの選手もほとんどがそうなんです。

 

 

なのでトレーナーという立場から口うるさくケガをしにように何が必要かを伝え続けるしかないのかなーと思っています。

 

 

ケガには防げるケガと防げないケガがある

 

ほとんどのケガは防げるケガです。

 

 

強い選手はケガが少ないといいますが、それは事実です。

 

 

今まで、この選手は絶対にオリンピック候補に選ばれるだろうと思っていてもケガをしてしまい選ばれなかった選手はたくさんいます。

 

 

もったいないなー、と思うけど、これは果たして防げなかったのか?ということを、選手を見ているチームスタッフ全体がフィードバックをするべきだと思います。

 

 

ケガの防ぎ方にはたくさんの方法があります。

 

 

それは選手によっても年齢によっても性別によっても異なります。

 

 

見落としがちですが、選手の性格によっても異なります。

 

 

何よりもケガを防ぐことで一番大切なことは、チームスタッフが連携を取れているか?ということです。

 

 

監督、チームが向かう方向性、目標。

 

 

それを支えるコーチ、トレーナー、メディカルスタッフ、フィジカルスタッフ、主務陣。

 

 

組織力こそが選手を守り強化するために重要な力だと考えます。

 

 

バラバラだと誰が一番困るかというと、選手です。

 

 

なんとなく方向性はわかっているけど何のためにこのトレーニングをするのか?

 

 

あのコーチが言うこととこのコーチが言うことが違うけどどちらを信じれば???

 

 

結果的に緩慢な練習態度になりケガをしてしまう。

 

 

悪循環ですよね。

 

 

 

 

防げないケガとは?

 

 

防げないケガとは・・・

 

 

予想もしないところから何か物が飛んでくる!

 

 

こんなことくらいしか防げないケガはないのかなと思います。

 

 

これも、予想ができていれば防げるケガかもしれません。

 

 

捻挫なんて防げない!という事も言われますが、本当に運動神経のいい選手はケガをしきる前にうまく力を逃がすことができています。

 

 

これは、幼少期のトレーニング、特にアジリティ系のトレーニングがしっかりとできていればある程度は身に付きます。

 

 

羽生選手がウォーミングアップで衝突をし流血しながらも試合に出た場面。

 

 

防げないと思いきや、大会側の運営に問題がなかったのか?少ない人数を2回に分けてウォーミングアップをしていれば防げたかもしれませんね。

 

 

ラグビーのタックルでぶつかってケガをした。

 

 

これもぶつかる方、ぶつかられる方、どちらかに未熟さがあればケガにつながってしまいます。

 

 

どのシチュエーションが起こってもいいように普段練習をしていれば防げるかもしれませんね。

 

 

ケガをせず強い選手の特徴、ピリオダイゼーションができている

 

 

さて、ピリオダイゼーションとはなんでしょう?

 

 

簡単に言えば「期分け」「スケジュール管理」と言ったところでしょうか。

 

 

つまり、いつ試合があって、どの試合が一番大切で、その試合に向けてスケジュールをしっかりと組み、どこにピークパフォーマンスを持ってくるのか?ということです。

 

 

年間のスケジュールはもちろん、目指すものがオリンピックであればそこにピークパフォーマンスをもって来ることができる計画をたてる。

 

 

強い選手はこのことをしっかりと考えています。

 

 

そして、最も重要なのは、近くでサポートする監督コーチはもちろん、スタッフもこのことが頭に入っているのかどうか?

 

 

これはとても重要です。

 

 

次の試合が本当に重要なのかどうか?

 

 

ここで無理して頑張らないといけないのかどうか?

 

 

チームドクター、トレーナーが一丸となり情報を監督に伝え、監督がその判断をする。

 

 

強いチーム、選手は個々の連携がとても強固でしっかりとしています。

 

 

決して無理はさせません、根性論だけでは勝てないことがわかっているからです。

 

 

ピリオダイゼーションが明確に確立されているチームが強い理由はここにあります。

 

 

ながながと持論を書きましたが、トレーナーとして選手を守っていく立場として、大切なことを書きました!

 

 

ケガのないスポーツライフを楽しめるようにスポーツトレーナーたちは全力で努力します!

 

 

だから、だから!

 

 

スポーツトレーナーの地位をもっと認めてあげてください。

 

 

重要性、必要性を知ってください。

 

 

私たちにも生活がありますので、無償サポートはさせないようにしてあげてください。

 

 

というトレーナーたちの心の叫びを代弁しました。

 

以上です(^^)
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

※施術希望が重なる事が多いので、早期のご連絡・予約をお薦めします。

※施術中、パーソナルセッション中にて、電話をお取りできないこともありますのでご了承ください。

可能であればメールでご連絡を頂けるとありがたいです。

 

 

 

 

 

 

 

0667554468