美鍼ーFace(ビバリーフェイス)院長プロフィール☆

ビバリーフェイス 院長のプロフィール

名前  安藤 弘晃 (あんどう ひろあき)

 

 

出身地  大阪府豊中市

 

生年月日  1981年2月19日

 

趣味  ゴルフ、読書

 

 

所有資格

柔道整復師、鍼灸師、日本体育協会公認アスレティックトレーナー

 

 

 

 

 

私は、柔道整復師、鍼灸師、日本体育協会公認アスレティックトレーナーという資格をもち、その資格を活かした仕事をしております。

 

 

器械体操を10歳から始め、学生生活を器械体操一色の生活を送りましが、中学生の時に痛めたひざのけがにより、18歳で引退することを余儀なくされました。

 

 

機械体操に関わるという道をあきらめきれず、体操の指導ができ、なおかつお金が貯まると聞いたボランティア団体、青年海外協力隊に応募し合格。

 

 

2002年21歳でモンゴルへ器械体操の指導ということで派遣され、2003年に帰国。モンゴルでのボランティア活動の中で、モンゴルの子供たちに体操の試合を経験させたい、という思いが強くなり、その後日本体操協会と連絡を取り、地元大阪の試合にモンゴル選手団を出場させることに成功しました。

 

 

その後帰国し、大阪での試合でお世話になった体操クラブで仕事をする傍ら、スポーツトレーナーを目指すため鍼灸師になる専門学校に入学しました。

 

 

日本の生活になじめずモンゴルに帰りたくなる衝動を抑え、2008年鍼灸師、2011年柔道整復師、2012年アスレティックトレーナーの資格を取得し整骨院を開業しました。

 

 

 

スポーツトレーナーになることを夢見てこの道を選びましたが、スポーツトレーナーで生活することは現実厳しい事に直面し、整骨院で働きながらスポーツに業界に携わることになります。その中で、北京オリンピック、ロンドンオリンピックに出場した選手のサポートや、ナショナルチームの合宿に参加させていただきスポーツトレーナーとしての経験を積む。

 

 

現在は主に、兵庫県にある武庫川女子大学の学外コーチ兼専属トレーナーとして多くの試合に帯同し、日々の練習のサポートをしており、多くのアスリートを治療しサポートをしています。

 

 

 

整骨院で働きながら他に何か人を喜ばすことができないか、優秀なスポーツトレーナーの存在を世間に知ってもらいたい、と考えているときに美容鍼灸と出会いました。

 

 

スポーツ選手を治療する特殊な機械と鍼灸の技術で、効果の出るオリジナルのフェイシャルエステ技術を独学で開発し、2017年7月梅田にスポーツトレーナーの技術を活かした本格美容鍼灸院、ビバリーフェイスをオープンし今に至る。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA