☆梅田駅から徒歩5分の慢性腰痛専門治療ならビバリー整体へ☆

慢性的な腰痛(ヘルニア、すべり症、椎間関節症)

 

 

座っていることが辛い、立っていることがつらい、朝起きた時が痛い、振り向くと痛いなどなど・・・

 

 

腰痛が慢性化すると様々な症状が出てきます。

 

 

軽い腰痛になり、「大したことはないだろう」と油断していると、痛みが慢性化してくるいわゆる慢性腰痛になってしまいます。

 

 

慢性化すると良いことはなく、姿勢不良や、ダイエットの邪魔になることもあります。

 

 

施術をする側からも、根本的な痛みの原因を突き止められなくなることもしばしばあります。

 

 

特に、脚にしびれが出てきたり、座っているだけで、同じ姿勢が続くだけで重だるい痛みが出現している人は要注意です。

 

 

おしりや、裏もも、すねの外側、足の親指の方にかけてズキズキ、じんじん、びりびりしてくるなどの症状が出ていれば、椎間板ヘルニアや、腰の関節を痛めている可能性は大です。

 

 

油断禁物の腰痛施術はどうやって対応するのか?

 

 

 

施術方法

 

 

①痛みの原因をしっかりと突き止める。

急性と同じく、どこの何筋がどのようにしたら痛むのか?ということをしっかりと判断します。

慢性の場合は、日常の姿勢や動作の分析をヒアリングし写真撮影を行います。

 

 

②痛めている場所を手技にて施術。

筋スラッキングや、ストレッチを使い手技にて痛めている患部を緩めます。

問診で得た情報をもとに筋のバランスを考え、緩めるところ、強化するところを判断します。

 

 

③姿勢矯正ベッドを使い、姿勢の矯正をおこなう

根本的な解決をめざすため、姿勢の矯正をおこないます。

アメリカでも使われている体を矯正できる機械を使い、姿勢のバランスを整えます。

 

 

④電気治療器、鍼治療をおこなう

周囲の筋、原因筋を電療、鍼にて治療します。

当院の電療はマトリックスウェーブというプロスポーツ選手にも愛用されている、痛みを取り組織を回復させる電気を使用します。

鍼治療は悪さをしている筋を狙い、深さを決めてしっかりと打ちます。

鍼治療後、鍼の痛みが残ることがありますが、次の日には痛みが引いてきます。

 

 

 

⑤必要であれば、テーピング、コルセットをおこないます。

 

筋力サポート、姿勢矯正が必要であればテーピングコルセットをおこないます。

 

 

 

いずれしても、病院との連携も含め根本治療を目指します。

 

 

腰痛は付き合い方次第でほとんどの方が改善します。

 

 

ただ、神経症状などが長く続くと痺れが残ったり、完治しにくくなります。

 

 

ですので、マッサージだけで治るとか、注射だけで治るというわけではなく、お医者さんにも見てもらい、鍼灸師や、柔道整復師、理学療法士にも協力してもらい治していくのがベストです。

 

 

痛みを我慢せず、一人で悩まず、こちらまでご連絡を頂ければいい選択肢を提供できると思います。

 

 

 

 

 

0667554468

 

 

?
?

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA